切れ痔(裂孔)とは

切れ痔(裂孔)とは

切れ痔は裂肛、裂け痔とも呼ばれ、肛門の外傷だと言えます。歯状線より外側の肛門上皮が切れて裂け、激しい痛みが起こり、出血もあります。硬い便が肛門から出る際に切れることが多いのですが、頻回の下痢で肛門上皮が切れることもあります。肛門上皮には痛みを感じる神経があります。

そのため、切れ痔になると、便が通過する際などに傷口がこすれて強い痛みがあります。排便時に起こるこの痛みを避けたいと思うあまり便意を我慢してしまうと、便秘になってより排便に苦痛が生じる悪循環も起こりやすく注意が必要です。

切れ痔の原因

裂肛の最大の原因は便秘であり、これは痔核と同様です。便秘になると、便が硬くなってスムーズに排便できません。そのため強い腹圧をかけて、無理に押し出そうとすると、硬い便が無理に肛門を通過し、歯状線の外側の肛門上皮がその圧力に耐えきれなくなり、裂けてしまうため、ピリッとした痛みが走ります。

また、下痢も裂肛の原因になります。これは、水分の多い便が肛門粘膜に浸透して炎症を起こしやすくなり、粘膜を弱くしてしまうことがその原因です。特に、慢性の下痢症になると、肛門上皮は常に水様の便にさらされるため、粘膜もダメージを受け続け、便が通るちょっとした刺激ですぐに切れてしまいます。

裂肛は、女性に多い痔だとされています。これには、便秘や出産のときに腹圧をかけすぎることが関係していると言われています。

切れ痔の症状

裂肛は、激しい痛みを伴いますが、肛門上皮は脊髄神経の支配下にあって、痛みを感じる神経が発達しているために起こります。また、痛みを感じた瞬間に肛門括約筋が収縮してけいれんを起こします。これにより、切れた部位がさらに何度もこすれてしまい、痛みが後を引いてしまいます。

排便時の出血はよくありますが、多量の出血はほとんどなく、トイレットペーパーに付着する程度です。裂肛の場合、肛門括約筋が緊張して血管をふさぐために出血が止まると考えられています。

慢性化した切れ痔の場合

裂肛は、放置していると何度も同じところが破れてしまいます。これにより、裂け目が徐々に深くなっていきます。やがて、傷が内肛門括約筋にまで及び、裂肛のまわりに炎症が起こります。さらに進行すると、炎症性の肛門ポリープや見張りイボができたり、裂け目に潰瘍ができ、やがて肛門上皮が再生できなくなります。

便が細くなったり、排便しづらくなる肛門狭窄(肛門が狭まること)が起こり、悪循環を起こしてしまう可能性が高いため、手術で裂肛とポリープや見張りイボを切除する場合があります。

切れ痔の治療

保存的療法

保存的療法

裂肛の治療は、基本的に薬物療法であり、適切な治療を受け、正しい排便を心がけるようにすることで改善する場合がほとんどです。

初期の急性裂肛では、緩下剤・血行改善薬・抗炎症剤などの内服薬と軟膏・座剤などの外用薬だけでほとんどの場合、改善します。ただし、急に切れ痔になった場合には、最低3週間は薬を服用する必要があります。慢性の場合は、痛みがなくなった後、2~3ヶ月はお薬を続けてください。

手術

慢性裂肛で肛門ポリープや見張りイボを伴う場合、薬物療法だけでは不十分なケースも多く、完治には手術を受ける必要があります。また、肛門が狭くなる度合いが重度である場合には、根治のために手術が必須です。

Tel.0480-91-1234
口コミを見る口コミを書くオフィシャルサイト内視鏡の専門サイト