痔ろうの手術

痔ろうの手術について

現時点では、残念ながら、手術以外に痔ろうを治す方法がないため、当院では痔ろうと診断された方には、みなさまに手術をお勧めしています。

「どうしても決心がつかない」と様子をみる方がまれにいらっしゃいますが、しばらくしてまた腫れや痛みが起こり、ほとんどの方が結局手術を受けられて、手術後に「思ったより楽で、もっと早くうければよかった」とおっしゃいます。

痔ろうは複雑化すると治療がより大変になりますし、長年放置した結果ごく稀ですが、がん化(痔ろうがん)して、肛門を全てとるしかなくなり、余儀なく人工肛門を装着するといったケースもあります。早めに受診することをお勧めいたします。

切開開放術

切開開放術

問題となる肛門括約筋を切開して、瘻管(トンネル)を露出します。傷口は約3ヶ月で治り、根治性も高く、再発率も低いのですが、肛門括約筋を切開するため、肛門の形が変わってしまったり、おならや便が漏れる(便失禁)可能性が高くなります。

切開する範囲が少なければ問題が起こりにくいため、この手術は痔瘻が浅く、単純な瘻管(トンネル)の場合に行われます。再発率は約1~2%と低く、日帰り手術が可能です。

肛門括約筋温存術

肛門括約筋温存術

痔瘻のトンネル(瘻管)を切開せずにくり抜く方法であり、肛門括約筋を切開しませんので、肛門機能(手術後の便失禁)には問題がありません。

ただし、手術後に再度、下痢便などの菌が傷口に入ってしまうと再発する可能性があり、再発率は約15%とされているため高めだと言えます。傷口が治癒するまでは、下痢にならないようにかなり注意して生活する必要があります。

また、手術の難易度が高いため、経験が豊富な医師の治療が必要です。複雑な痔瘻に行われる手術ですので、入院手術をお勧めすることがあります。

手術費用

痔ろうの手術は健康保険が適用されます。
症状によって手術内容が変わるため、費用には多少の幅がありますので目安をご紹介します。
3割負担の場合の費用です。

痔ろうの状態 費用
単純痔ろう 約20,000円
複雑痔ろう 約30,000円
Tel.0480-91-1234
口コミを見る口コミを書くオフィシャルサイト内視鏡の専門サイト